男性向けボイスラブズ >>

【いなりうづき / 雌見勃雄】dog eat dog era DRAMA~はじめての催眠魔法~

dog eat dog era DRAMA~はじめての催眠魔法~

【ジェーンドゥの魔女】と呼ばれる主人公に買われ、育てられた奴隷の双子――セオドアとテオ。

家族のようにと言いながら、主人公が素性を隠すことに不安を抱くセオドア。

「家族なら隠し事はなし、だろう?」

自分が幼いころに、彼女自身から言い聞かせられてきたその言葉に、主人公は曖昧な返事をするようになってきた。ますます不安は募っていく一方。

「……いつか、魔女の気まぐれで俺たちが商人の元に戻る可能性は十分にある」

そんなセオドアの話を聞くテオは、今の生活でも十分に満足している。しかし、その不安げな様子にある話を持ち掛けた。

「お前、最近心理学とかナントカ勉強してんじゃん。
あれは? お前の本に載ってた、"催眠魔法"とかいうやつはダメなの?」

いつものように突拍子のない提案。

けれど、もしかしたら……。

それから暫く。
主人公がセオドアの部屋を訪ねるとどうやら勉強中のようだった。
深く学んだことのない分野に、主人公も好奇心からどんなことをするのか聞いてみれば、セオドアはこちらを見て答える。

「せっかくだし、どうだい?
いつもの礼も兼ねて、俺がちょっとだけ先生をしてあげようか――」

好奇心、不安が織り交ざる歪んだ主従の関係。
主人と奴隷は、”家族”になることが出来るのか?

これは、彼らが催眠魔法で魔女の秘密を聞き出すきっかけとなったお話。

0 0
Article Rating
0 Comments
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る