男性向けボイスラブズ >>

【一条ひらめ】催淫クリニック~眠ったら君は僕のモノ~

催淫クリニック~眠ったら君は僕のモノ~

仕事が上手くいかない日が続き、
ストレスで胃を痛めてしまった貴女。

なんとかしなければと病院に行くと、
そこで小学校の同級生、夜伴 薫(よとも かおる)と出会う。

「久しぶり…!もう10年以上になるね。
君と会えてすごく嬉しいよ…」

精神科医として開業していた彼は、
貴女に”催眠療法”を勧める。

「ストレスの元を断たないと、辛い日々が続いてしまうよ。催眠だなんて言うけど、おおげさなものじゃないから気楽に…どうかな?」

同級生に会えた嬉しさと、少しでも日々が楽になればという気持ちで、貴女は催眠療法の提案を受け入れることにした。

「それじゃあ、この水を飲んでくれるかな。
大丈夫だよ。中身はただの水だから。
さあ…今から君の心と体をリラックスさせていくよ」

彼の言葉に従っていくと、次第に心地がよくなってくる。
意識が揺らぎはじめ、体から余計な力が抜けていく。

「うまくいったね…施術を始めようか」

それが、彼の仕組んだ淫らな罠とも知らず…。

4.5 2
Article Rating
0 Comments
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る