MENU

ASMR BL JK KU100 m OL S SM SP S男 あまあま おっぱい お仕置き お姉さん お尻 お風呂 ごっくん ご奉仕 ささやき アナル イチャイチャ オナサポ オナニー オナホ オホ声 カウントダウン キス クリ責め クンニ クール ドS バイノーラル パイズリ パンツ フェラ マッサージ ヤンデレ ラブラブ ローション 下着 中出し 乳首 乳首舐め 乳首責め 低音 先生 先輩 処女 口内射精 吐息 告白 喘ぎ声 囁き 執着 変態 奉仕 妊娠 嫉妬 孕ませ 学校 学生 寸止め 少女 年上 年下 幼馴染 座位 強制 彼女 後輩 恋人 恋愛 手コキ 手マン 拘束 日常 淫乱 淫語 添い寝 溺愛 潮吹き 無理やり 焦らし 甘々 甘やかし 生活 癒し 童貞 耳舐め 言葉責め 調教 連続絶頂

投稿者一覧

えっちな彼は止まらない!初めての温泉旅行でねっとりセックス ~耳舐め×言葉責め×囁き~

あらすじ

えっちな彼は止まらない!初めての温泉旅行でねっとりセックス ~耳舐め×言葉責め×囁き~ [スタジオ月光]

なかなか休みが合わなくて、旅行ができなかった彼氏の旭とあなた。
やっと予定が合い、二人で話して決めた観光場所や、価格が少し高めの旅館。
部屋の窓から見える景色がとても良くて、あなたはテンションが上がり、
「はしゃいじゃって…今日すごい可愛いね」
と旭に笑われてしまう。
好きと言いながら、頑張って選んだ服もメイクも褒めてくれる彼に、同じように好きだと返せる幸せ。
キスをして、そのまま?と思っていたら焦らされて―――。

温泉に入った後、甘い言葉を沢山くれる旭。
彼氏との旅行が久しぶりで、体が緊張してこわばるあなたを
「俺も同じだよ」と言って、マッサージしてくれる。
段々と際どい所まで伸びてくる手に、あなたは体をビクつかせてしまい…。

興奮した旭から情熱的に求められる。
時に甘く、時に意地悪に、何度も追い込まれて蕩けさせられる体。

キャラクター紹介

えっちな彼は止まらない!初めての温泉旅行でねっとりセックス ~耳舐め×言葉責め×囁き~ [スタジオ月光]

▼萩原 旭(はぎわら あさひ)
CV:一条ひらめ様
年齢:29歳 会社員
爽やかな雰囲気。
主人公よりひとつ下だが、それより少し幼く見える。
彼女を大切にするタイプ。
数年前に別れて以降彼女はおらず、あなたが久々の彼女。
朗らかだが、エッチになると雄の部分が顔を出す。


▼ヒロイン(あなた)
30歳 OL
大学時代にセックス経験があるが、それ以降彼氏がおらず行為に慣れていない。
セカンドバージン。

トラックリスト

¶ Tr.01 プロローグ~旅館到着~(05:29)
旭と一緒に選んだ温泉旅行に来たあなた。
あなたは旅館の部屋から見える綺麗な景色に夢中になる。

「はしゃいじゃって…今日すごい可愛いね。まるで子供みたい」
「ん~…今日は色々な君が見られて幸せだ。メイクも服も俺好みだし…頑張ってオシャレしてきてくれたの?」
「もちろん手を繋いで行くよ? 俺の可愛い彼女ですって、周りの男をけん制しておかないといけないからね」


※ディープキス


¶ Tr.02 ドキドキ!彼のエッチなマッサージ(22:17)
温泉から部屋に戻ると、後ろから旭に抱きしめらて、ドキドキするあなた。
マッサージをしてくれると言われて、あなたがベッドにうつ伏せになると…。

「ん~、良い匂い。ぎゅってすると、俺の全身が君の匂いに包まれてるみたいになる」

「少しだけはだけさせてもいい? 肩だけ出してくれるともっとちゃんとマッサージできると思うんだ」
「ちょっと、マッサージなのに身体ビクビクさせちゃダメでしょ?」
「はぁ…中途半場にはだけてると、余計にエロイね…」
「やばい…興奮してきた…このまま抱いてもいい?」
「ん…はぁ…すっごい濡れてる。このままじゃあお尻を伝ってシーツを汚しちゃうね。
俺が綺麗に舐めてあげる」
「君の顔もすっごいえろい…。俺のもこんなに硬くなっちゃったよ」
「やばいな…1回で終わるつもりだったのに、俺の精子かけられて股濡らしてる君がエロ過ぎて無理かも…」


※マッサージ、乳首舐め、耳舐め、性器舐め、クンニ、指挿入、ゴム無し挿入、連続イキ


¶ Tr.03 第2ラウンド!?豹変した彼はえっちで意地悪で…!(20:12)
マッサージからエッチになだれ込んだ旭とあなた。
旭から「もう1回」とねだられ、第2ラウンド目に突入することになってしまう。

「帯、取れたよ…はぁ…浴衣脱がせるのって、洋服脱がせるのとは違う興奮があるね。
 ゆっくり全身が見えていく感じ、たまんない…」
「声、出た。乳首ぎゅって摘まむといいの? カリカリとどっちがいい?」
「ねぇ、乳首きゅうきゅう摘まみながら耳舐めてあげるから…イってごらん?」
「ちゅ…ちゅ…ふふ、指、動かしてないのに中きゅうきゅうしてる。俺の指が入って来て嬉しいんだね」
「こーら、奥まで咥え過ぎ、これ以上は指じゃあ無理だよ」
「動かないで。動いたら入っちゃう。もう少しじらしたいんだ。だから、我慢、我慢…」
「…ふふ、そう。俺のを入れて欲しいんだね。素直に言えて偉い偉い」
「腰、反らすと乳首が俺の顔の前に来てエロいんですけど? それとも、舐めてってこと?」


※耳舐め、乳首愛撫、耳舐め、性器愛撫、指挿入、素股、ゴム無し挿入、乳首舐め、連続イキ


¶ Tr.04 次の日もえっちな彼は止まらない!(17:21)
朝になって、旭の腕の中で目覚めたあなた。
キスで興奮した旭から、明るい部屋の中で体を求められたあなたは、恥ずかしくて顔を隠してしまう。

「はぁ…目覚めて一番最初に目に入って来るのが君の顔っていうのが、すごい幸せ…。毎日こんな幸せな朝だったらいいのにな。
「はぁ…はぁ…俺は、興奮したよ。今の君の顔、すげぇエロいんだもん」
「俺は明るい所で君を見ながらするのも大好きなんだけど…ダメ?」
「やばいな…震える君を押さえつけて無理やり鳴かせるの、興奮する」
「ん、んっ、君のいいところはどんな体勢でもいじってあげられるんだ。愛だよねぇ」
「入れてって言われて入れるの、最高…あ、はぁ…っ、俺のこと欲しいって伝わるから」
「せっかく密着してるんだし、中突きあげながら、クリもいじってあげるね?」
「んっ、もう君の中は全部俺のものだ…んっ、もちろん外も…ん、はあ、俺の匂いでいっぱいだよ?」


※ディープキス、性器愛撫、耳舐め、指挿入、後背位、ゴム無し挿入、正常位


¶ Tr.05 帰り道はハラハラ!?下着を奪われた貴方は…(20:20)
出発を前に、あなたをソファの隣に座らせた旭から、パンツとブラを奪われて!?
下着を身につけていない状態で旭の車に乗せられ、意地悪な言葉で煽られる羞恥…。
旭の家に帰り着いた途端、玄関で襲われてしまうあなた。

「あぁ、ブラ? あとは帰るだけだし、これは俺が持っててもいいよね。パンツも俺の鞄にしまっておくね」
「ねぇ、スカートの下、どうなってる?
 下着なしで丸見えになってる君の大事なところ…。スースーしちゃう?」

「えっちな身体だね…部屋中、君のエロい匂いでいっぱいだ。
 はぁ…はぁ…舐めたい…君の愛液まみれのここ、舐めてもいい?」
「羞恥心に耐えたご褒美に、今からすごーく気持ち良くしてあげるからね」
「可愛いクリ、出ておいで…。ちゅ、ちゅっ…優しく舐めてあげたらぷっくりして来た…。
 偉いよ…クリちゃん。俺の舌でもっと舐めて欲しいんだね」
「一番奥にぴったりさきっぽ押し付けて、出すからね。君の子宮に精子、入れちゃうから」
「君が可愛すぎてセックス覚えたてみたいなえっちしちゃった」


※ディープキス、性器愛撫、クンニ、立位、ゴム無し挿入、中出し


¶ Tr.06 これって運命…?彼の虜になっちゃう(08:12)
玄関で体を繋げた後、リビングのソファで休むあなたに、コーヒーを入れてくれた旭。
「大好きだ」と言ってくれた旭から、あなたは思わぬ提案をされる。

「ふぅ…安いコーヒーでも、君と一緒に飲むと美味いな」
「子供じゃなくても、してあげていいじゃん。大事な彼女さんなんだからさ」
「君が一緒だと、悪夢も見ない。寝てる時も幸せを感じられる。君は俺の魂の片割れなんじゃないかって本気で思う時があるよ」
「ありきたりだけど…世界で一番君が好きだよ。大好きだから、これからも側にいてほしい」



本編総収録時間:93分51秒
フリートーク :05分32秒

目次