MENU

ASMR BL JK KU100 m OL S SM SP S男 あまあま おっぱい お仕置き お姉さん お尻 お風呂 ごっくん ご奉仕 ささやき アナル イチャイチャ オナサポ オナニー オナホ オホ声 カウントダウン キス クリ責め クンニ クール ドS バイノーラル パイズリ パンツ フェラ マッサージ ヤンデレ ラブラブ ローション 下着 中出し 乳首 乳首舐め 乳首責め 低音 先生 先輩 処女 口内射精 吐息 告白 喘ぎ声 囁き 執着 変態 奉仕 妊娠 嫉妬 孕ませ 学校 学生 寸止め 少女 年上 年下 幼馴染 座位 強制 彼女 後輩 恋人 恋愛 手コキ 手マン 拘束 日常 淫乱 淫語 添い寝 溺愛 潮吹き 無理やり 焦らし 甘々 甘やかし 生活 癒し 童貞 耳舐め 言葉責め 調教 連続絶頂

投稿者一覧

【10周年記念企画】新感覚バイノーラル『テレバーチャルヘッド』を体感しよう!

00:00 00:00

【10周年記念企画】新感覚バイノーラル『テレバーチャルヘッド』を体感しよう!

バイノーラル音声が、新たな可能性へと進化する。“テレバーチャルヘッド”の世界へ!

【10周年記念企画】新感覚バイノーラル『テレバーチャルヘッド』を体感しよう! [妄想研究所]

– こんにちは、しぃなです♪ 新しいプログラムのご紹介をします。
今回ご提案するのは、
「**バイノーラル録音の限界を超えた、頭を動かして聴く次世代音声体験**」というコンセプトです。

私たちは普段、頭を動かしながら周りの音を感じ取っています。
しかし、通常のバイノーラル音声は、頭を静止させて聴くことが前提となっています。
実は、頭を動かさないで聴くと音像定位の正答率は低下してしまいます。(知ってました?)
バイノーラル音声を聞き慣れた方でも、“前後の音の聞き分けが難しい!”と感じる方は多いのではないでしょうか?

そこで、私たちは「テレバーチャルヘッド」という新しい視聴方法を提案します。
これは、あなたがまるで『“バイノーラルの世界の中で実際に頭を動かしている”かのような体感』ができる画期的な視聴方法です!
この方法により、脳が“頭部運動と連動した自然な情報”を受け取るため、
従来のバイノーラル録音の問題点であるHRTF(頭部伝達関数)による歪みを解決し、
より正確な音像定位を実現することができます。

さらに、この視聴方法であればイヤホンの性能にも依存しないため、
様々な環境で高い品質の音声を楽しめます。
「テレバーチャルヘッド」を使うとバイノーラル録音による制約がなくなることで、
より創造的な音声作品が制作されるようになることが期待されているんですよ!

「テレバーチャルヘッド」は……

  *「バイノーラル音声に慣れきってしまった人」*

  *「新しい体験をしたい人」*

そんな人たちにきっと刺さるプログラムです!

「テレバーチャルヘッド」を使って、新しいバイノーラル音声の世界を体感してみませんか? 
私、アシスタントの“しぃな”が研究室であなたをお待ちしています。
ぜひ、プログラムにご応募くださいね♪

新たな体験×さらなる没入感×実在感へ。

さて、引き続き“音響心理学研究室”所属「しぃな」がお送りします!

え? もっと専門用語をふんだんに使って説明してほしい?
もーっ、仕方ないですねえ。じゃあもっともーっと詳しく説明していきましょう!

〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓

【現状のバイノーラル音声が抱えている問題】
バイノーラル録音は、立体的な音像を作り出す優れた手法であるが、音像定位においては、使用するマイクの頭部伝達関数(HRTF)が受聴者と合致していない場合、正確な音像定位が難しいという問題があります。この問題は、録音された音がダミーヘッドやHATSのHRTFに依存することと、受聴者自身のHRTFが個人差によって異なることによって引き起こされます。特に前方定位の認識に影響を与えることが多く、バイノーラル音声を聞き慣れている人でも、前後の音像定位がわかりにくくなります。

【問題を解決する素晴らしいアイデア】
これらの問題を解決するために、新しい音源の提供方式である「テレバーチャルヘッド」を提案します。
「テレバーチャルヘッド」は、バイノーラル録音のHRTF依存性を解消するため、視聴者自身が実際に頭を動かしながら視聴するよう設計された音声作品となります。この方式をとれば、従来のバイノーラル音源による静止した状態での視聴に比べて音像定位の正答率が高く、より自然な立体音響を実現することができます。また、視聴するイヤホンの性能によっても正答率が変わらないため、バイノーラル音源を設計する際にもより自由度が高くなる利点があります。

【今より良い、そして新しい世界の到来を予感させる未来予想図】
「テレバーチャルヘッド」を用いることで、バイノーラル音声の新しい世界を開拓することができます。従来の視聴方式では、バイノーラル録音による音像定位の認識が制限されていましたが、テレバーチャルヘッドを使用することで、受聴一方ではなく、能動的に動くというVRの基本要素の一つを満たし、より一層の没入感を高めることができます。また、それにより音響空間的説得力を増すことができ、実際にその場に存在しているかのような実感を得ることができます。さらに、バイノーラル録音による制約がなくなることで、より創造的な音声作品が制作されるようになることが期待されます。

〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓─〓

さあっ、どうですか? 理解してきました?
え? 「そんなことよりエッチなことは禁止なのか」って?
もー、ここは風俗店じゃありませんよ! 「音による心理的影響を研究する」研究室です!
だから…『良い』に決まってるじゃないですかぁ♪

もっともっとキスがしたい! でも彼女は耳元へ……いやだいやだ、もっともっとキスがしたい!!

【10周年記念企画】新感覚バイノーラル『テレバーチャルヘッド』を体感しよう! [妄想研究所]

『バイノーラル音声で立体感は味わえるようになったけど、受け身でいなきゃいけない。』
『キスを「される」ことはできても、キスを「しにいく」ことはできない。』
『だってそりゃそうだよ、音の世界で自分は動けないんだもの──』

 ──じゃあ、動けるようになったとしたら?
 耳元にいる彼女に、キスを「しにいく」ことができたら?
 そんな能動的なことができたら、どんなに官能的だろうか!

なんだと!? そんなことがッ…! 早く聞かせてくれっ……!!

【10周年記念企画】新感覚バイノーラル『テレバーチャルヘッド』を体感しよう! [妄想研究所]

01.リズム学習(06:59)
まずは、顔を動かすための“テンポ・リズム”を体に馴染ませていきます。
たん、たん、たん……秒針を聞いているだけで、段々とリズムを覚えていきますよ♪

02.動作学習(10:20)
続いて、覚えたリズムに合わせて実際に顔を動かしてみましょう!
合図を聞いたら『いち、に、さん』のリズムで、顔を左右に、上下に、時計回りにぐるりと回したりっ♪
繰り返すことで、合図を聞くだけで自然と動くようになっていきますよー♪

03.音響的空間特性学習(21:59)
そうしたら、実際に頭を動かすことで『音がどう変化するのか』を意識してみましょうか!
意識して聞いていくと、ぼんやりとしていた音場が明瞭になっていって、
お部屋の広さやインテリアの位置がわかってきて、
「目を閉じているのに、見えているみたい!」…そんな気がしてくるかもしれませんね♪

04.イキ我慢キス手コキで実践タイム!(24:49)
ではお楽しみーっ♪
手コキの音がちゃんとちんちんから聴こえるよう股を見たり、顔を横に向けてチューしたりっ。
しっかり手の動きと女の子の位置を感じられるようにする、実践タイムです!
長く楽しませてあげるために、イキそうになったら手を止めてあげますよ♪
何回でも何回でも〜♪ 長く楽しませるようにしてくれるの、嬉しいですよね? いつまでも気持ちよくなりたいですもんね?
でも、最後はちゃんとイかせてあげます♪ 出せ出せっ♪ ほら出ーせっ、だーせっ♪

05.乳首舐めを生々しく感じる実践タイム!(35:27)
『乳首舐めは音が遠いから楽しめない』? 何を言ってるんですか!
音の遠さをリアリティ込めて味わえるようになるのが「テレバーチャルヘッド」ですよ!
ちゃんと胸に顔があるように感じられないから、つまらなく感じるんです。
音の位置、距離感がわかってくれば「乳首舐め」だって立派なプレイです♪

06.フェラがきちんと股から聞こえる実践タイム!(44:46)
さあ、もっと遠くて、もっともっと下の音に“実在感”を感じていきましょう♪
顔を振って音の位置を確かめたり、下へ向いて音に集中したり、
顔を動かすと、私の吸う音が小さくなったり大きくなったり、聞こえる方向が変わったり…♪
いっぱいいっぱい音を出してあげますから、しっかりと聞いていってくださいね?

・。.体験プログラム応募キャンペーン情報。:*。

【10周年記念企画】新感覚バイノーラル『テレバーチャルヘッド』を体感しよう! [妄想研究所]

■初回限定割引 10%OFF!!(〜7/8まで)
料金設定:1,540円(税込) → 1,386円(税込)

■来場者特典
1.「おうちでも音像定位当てゲームを楽しめるトラック」(03:19)
2.「おうちでも能動キスを楽しめるトラック」 (04:13)
3.「【非売品】無言微笑み吐息のみイチャラブ手コキトラック(合図&ご褒美キス付き)」(19:44)

それでは、ここまで研究室所属アシスタント「しぃな」がお送りしました!
皆さまのご来場、お待ちしております♪

クレジットと制作秘話

=====ファイル形式=====

○ファイル形式
 MP3 — 48kHz/320kbps
 FLAC — 48kHz/24bit

◯収録時間
 2:44:19
 ※SE無トラックは同梱しておりません

=====制作秘話=====

本作を思いついたきっかけは、とあるインフルエンサーさんの動画を視聴していたときのことでした。
フォローもしていなくてたまたまタイムラインに流れてきたその方は、アンビソニックスマイクの性能を紹介していました。

「アンビソニックスは360度さまざまな音を自由自在に表現でき、VR分野での活用が期待されています」

アンビソニックスはステレオ音源です。モノラルマイクと比べると左右に広がりを持った音場が表現できます。
ですが、立体音響としてははっきりいって“チープ”だと感じていました。
HRTFを考慮できていませんから、音像としてイマイチだと以前から感じていました。
以前までは。

「では、私の顔の動きに合わせて、実際に顔を動かしてみてください」

この動画の指示どおりに顔を動かしながら聞いたとき、
ただのステレオ音源でしかなかった音が、“たしか”に前方定位してきたのです。
衝撃でした。なんじゃこりゃ!!
初めてバイノーラル音源を聞いたときに匹敵する驚きと感動が私の中に芽生えた瞬間でした。

なぜこの感覚を得られたのか当然不思議になりました。
そこで、立体音響についての書籍や論文を日夜読み漁る日々が続きました。
ダミーヘッドマイクを製造している会社へ赴いてお話を伺うこともありました。
そしてついに見つけた──

「頭部運動と連動するような音源を視聴すると、音像定位能が向上する」

これだ。これか!

そこから生み出されたのが「テレバーチャルヘッド」という方式です。
『顔の動かすテンポや角度をテンプレート化し、
 実際に頭部を動かして聴くことを考慮して音声や効果音、環境音を収録し、
 合図に合わせて視聴者に顔を動かしてもらう』
これによって、視聴環境を現行のままに保ちつつ、
皆さんに今まで以上のバイノーラル感・実在感を楽しんでもらえるはず。

本作にかけた想いは一貫していました。
『私があのとき覚えた感動を、きっと皆さんに共有しよう。』──
本作は、そんなひたすらな想いで作られた作品です。

皆さん。
初めてバイノーラル音声に触れたとき、感動しましたよね?
そして最近、バイノーラル音声の立体感に慣れ切っちゃって、感動が薄れていませんか?

「「「音の世界に浸って、またあの感動を味わいたい!」」」

さあお待たせいたしました!
ぜひ「テレバーチャルヘッド」で、新しい音の世界をお楽しみください。
そしてその感動に浸れたら、VRの世界も楽しんでみてくださいね?
映像とセットになったとき、何倍もの感動が味わえるはずです。
本作は、そんな未来の足がかりとなればと思っています。
どうぞお楽しみを!


=====キャスト紹介=====

◯しぃな・アリス役「みもりあいの」さま
ヒロイン“しぃな”という、隠しきれない内面がにじみ出る年相応な少女を見事に演じていただきました。
アシスタントとして愛嬌良く話したり、でも気が抜けると口調がラフになったり、
ただ裏もなく真剣に話しているだけなのに真に迫りすぎて告白に聞こえたりと、
人間味溢れるアシスタント“しぃな”を熱演いただきました。

特にちゅぱ音は必聴です! 『乳首舐め』では、舌伸ばし吐息オンリーで焦らしたり、
じ〜〜〜っくりゆ〜〜〜っくり乳首をひと弾きしたり、
数十秒に渡って焦らした後で高速で舌を振って乳首を弾き回したり、
『フェラチオ』では、浅く咥えて落ち着いてちゅぱちゅぱしたり、
喉奥まで咥えてくぐもった鼻濁音の鳴き声を漏らしたり、
ゆっくりと顔を引き上げて『グぷぅ…♪』といったカリ首がせき止めていた唾液の大移動を聞かせたり、
頭の上下運動がわかるようにテンポよく『グポグポっ♪』と唇が弾ける音を聞かせたり。
この熱演なくして“しぃな”は語れないほどのちゅぱ音になっています!

サブとなる“アリス”もまた、意地悪さもありつつも献身的で『小悪魔的な愛』を感じる役柄を熱演いただきました。
「“しぃな”の普段の声」をイメージして生み出された音声AI“アリス”──
人間のような感情の揺れ動きがないけど表情豊かに演じてほしい、という難しい要望にも見事に応えていただきました。
低いトーンで、意地悪さもありつつも、嫌な気持ちにならない。
「ぐつぐつっ♪」という台詞は後世に語り継ぎたい名演でした。サブがサブで収まらない……っ!

◯イラストレーター「かるたも」さま
唐突ですが、私は『瞳を宝石のように描かれるイラスト』が好きです。
それに付け加えてポージングの所作に女の子らしさを感じるものが好きです。
かるたもさまはまさにその2つを兼ね備えていらして、
可愛くも美しく、“しぃな”のビジュアルを形作ってくださいました。

本作は『テレバーチャルヘッド』という施策を全面に押し出す必要がありましたから、
自ずと表紙に割けるキャラクターの割合も少なくなり、
キャラクターのポージングも動作をイメージさせるものとなり、魅惑的なアングル・ポーズは取れませんでした。
そんな制約下でも、少ない面積でキャラクターを見せても「可愛く」「美しく」魅力的に見せる”表現力”と、
施策表現のために装飾が多くなる装丁とも親和性を持った親しみのある“タッチ”──
──つまりポップなロゴに負けない可愛らしさを持っていらっしゃるのがかるたもさまのイラストでした。

装飾が多く散りばめられたとしても負けない“可愛さ”と“親しみやすさ”を兼ね備えたイラスト。
本作表紙を飾るに相応しいものとなりました、誠にありがとうござます!
(“しぃな”の顔面が良すぎる)

◯デザイナー「みぎかたななめ」さま
『ポップ』で『近未来』、でも『可愛らしさ』もあって『親しみ』もある。
そんなタイトルロゴを制作いただいたのが、みぎかたななめさまです!
とにかく本作は、『テレバーチャルヘッド』という、ともするととっつきにくさを感じる施策テーマですから、
皆さんに「公共施設のような親しみやすさや安心感、そして科学館のような近未来感やテクノロジックさ」を感じていただきたいと考えおりました。
みぎかたななめさまは、見る人を穏やかな・安らかな気持ちにさせるような柔らかい・優しいデザインがお得意だと思っていて、
本作の狙いにジャストフィットしたものを制作いただけました!
全体的に動作を表す装飾群と「Move!」がお気に入りです。

また、作品紹介欄の“しぃな”吹き出しや『テレバーチャルヘッド』の施策説明画像、告知動画素材などもご担当いただきました。
それぞれ利用目的が異なるのにデザインの基軸を統一しながら媒体に分けてデザインしてくださるの、本当にすごいですよね。
この度も、誠にありがとうございました!

◯デザイナー「天乃あまね」さま
本作は「春の新作告知動画」、「施策体験動画」、「カウントダウン動画」といった動画制作を主に担当いただきました。
プロモーション・マーケティングに於ける様々な媒体に対応いただけるので、
妄想研究所として初めての販促プランにも柔軟なご対応とご提案をくださり、
そして私が想像している以上のクオリティで動画を制作くださいました!

動画媒体ということで、まさに“アクティビティ”と表することができるデザインたちでした。
静止媒体とはまた違った見え方、魅せ方があって、キャラクターの表情に動きがつくのを見たときには得も言えぬ感動がありました…!
施策体験生放送の待機画面とか配信画面も作ってくださいました。
何でも熟してくださるので、本当に頭が上がりません……今回もありがとうございました!


今回も、以上の素敵な方々と共に制作をしていきました。
新たな施策、『テレバーチャルヘッド』をより彩り良く飾ってくださいました。

ですが、本施策はここで終わりではありません。
ここからは、視聴してくださる皆さまとご協力していきながら『テレバーチャルヘッド』を育てていけたらなと思っています!
どうか、素敵なご意見ご感想、アドバイスなどをお待ちしております。

それでは、また!

コメント

コメントする


目次