MENU

ASMR BL JK KU100 m OL S SM SP S男 あまあま おっぱい お仕置き お姉さん お尻 お風呂 ごっくん ご奉仕 ささやき アナル イチャイチャ オナニー オナホ オホ声 カウントダウン キス クリ責め クンニ クール ドM ドS バイノーラル パイズリ パンツ フェラ マッサージ ヤンデレ ラブラブ ローション 下着 中出し 乳首 乳首舐め 乳首責め 低音 先生 先輩 処女 口内射精 吐息 告白 喘ぎ声 囁き 執着 変態 奉仕 妊娠 嫉妬 孕ませ 学校 学生 寸止め 少女 年上 年下 幼馴染 座位 強制 彼女 後輩 恋人 恋愛 手コキ 手マン 拘束 日常 淫乱 淫語 添い寝 溺愛 潮吹き 無理やり 焦らし 甘々 甘やかし 生活 癒し 童貞 耳舐め 言葉責め 調教 連続絶頂

投稿者一覧

 王宮女騎士の処女恋愛-嫌々ながらも彼女はあなたに恋をする

00:00 00:00
目次

シナリオ

コロッセオでの戦いにて

貴様、よくもそんな涼しい顔を!

もう私に勝ったつもりか!

だが、刃が届いていないのはお互い様だ!

まだまだッ!

……わかっている、約束は約束だ。

私が負ければ、貴様の望みどおりにしてやる!

私が貴様の彼女になる、そうだったな。

カタブツ女騎士との交際開始

だから、ルールを決めるぞ。

貴様の恋人としてふさわしくなるためだ。

当然、協力してくれるな。

一つ、私を女扱いしないこと。

男として生きてきたからな。

そのぶん、女扱いをされるのは虫唾が走る。

最低限の礼儀として、女らしい格好はしてやった。

だが、余計な女扱いをするな。いいな。

一つ、結婚しても、騎士を続けられること。

交際、というのは、結婚の前段階のことだな。

つまり、いずれ私は貴様と結婚しなければならない。

だがもしそうなったとしても、私は騎士をやめるつもりはないからな。

従って家庭に入る気など毛頭ない。いいな。

こちらからのルールは以上、二つだ。必ず死守しろ。

もし反した場合は、たとえ恋人であって斬り捨てる。

わかったな。

貴様、勝手に近づくな!

よせ……、よせと言うのが聞こえないのか……!

今、口……、キスを?

だれの許可を得てこんなことを!

どうやら、私の考えが甘かったようだな。

ルールはさっき言った二つでは足りないようだ。

さらにルールを追加する。しっかりと覚えておけ。

一つ、私が許可しないかぎり、触れたり近づいたりしないこと。

抱きついたり、キスをしてくるなど問題外だ。

いいか、今から私とつねに距離をとれ。

近づく必要があるときは言ってくれ、可能な時は許可を出す。

一つ、子供を作らないこと。

本で学んだ、恋人同士というものは、子作りのために、……セックスをするんだろう。

だが、私は子供が欲しくない。

騎士でありつづけるためには不要な存在だ。

だからセックスもしない。いいな。

女騎士、初めてづくしの性体験

なぜ、わざわざ脱いで、大きくなったチンコを私に見せつけているんだ。

私が一言でも「見せろ」と言ったか? 言ってないだろ。

だからさっさとそれをしまえ。

……おい、なぜしまわない。

そうか、大きくなりすぎて履けないのか。

だったら簡単な話だ。

さっさと小さくしろ。

なんだ、自在に大きさを変えられるわけではないのか。

だが、そうだとしても、なぜ私が協力しなければならないんだ?

何だと? 恋人はそういうことも手伝わなければならないのか。

まったく、恋人というのはやはりめんどくさいな。

だが、いいだろう。 必要があるなら手伝ってやる。

それで、まずは何をすればいいんだ。

……え、見る?

貴様のチンコをか?

よくわからんが、それで小さくなるなら仕方がない。

……おい、もうそろそろいいか。

こんなにもまじまじと見るのは初めてなんだ。

その、さすがに私だって……。

「触れ」だと!?

私の話を聞いていなかったのか?

見てるだけでも正直相当にきつい!

なのに触らせるつもりか!

嫌だ、断る。

……いや、すまない。

こんなことを言われたのは初めてで、少し取り乱してしまった。

だが、いきなり「触れ」」と言われても、むりなものはむりだ。

……少し、時間が欲しい。

慣れれば軽く触れる程度にはなるかもしれない。

……オナニー? 何だそれは。

見ているだけでいいのであれば、私は構わないが。

……貴様、何をやっているんだ。

これが貴様の言う「オナニー」というものなのか?

だが、これのどこが楽しいんだ。

ファーストフェラ

横になるのはいいんだが、服を全部脱ぐ必要あったか?

まったく、貴様という男は理解不能だな。

「口でしろ」と言っていたな。

ということは……、ここで合っているか。

それでこのまま、貴様のチンコを……、何やらわからないな。

屈辱的だと感じるのは気のせいか。

チンコというものは、普段おしっこをするために使っている部分だろう。

それを口でというのは、いささか抵抗感がある。

それに……、なんだ貴様のチンコは?

さっきよりも大きくなっていないか?

私に口でさせるからと期待でもしているのか?

まったく、貴様の頭の中は不純の塊だな。

だが、約束は約束だ。

売り言葉に買い言葉ではあったが、一度約束した以上、守らないのは騎士道精神に反する。

……おい、口でするのはわかったんだが、具体的にどうすればいい?

なめるのか? それとも……。

そうか、わかった。

ひとまず、この先っぽでいいな。

……うう、苦い。精液の味か。

だが、酸味も強い……。

最強女騎士、処女消失の日

……い、「挿れる」!?

セックスか?

まだむりだ。

……わかっている、セックスは恋人のコミュニケーション、なんだろう?

だれも「しない」とは言っていない。

ただ、まだ貴様に体を許すつもりはない。

時期が来ればもちろん、受け入れるつもりであって、だが今日はまだ、心の準備が……。

……そんなに、つらいのか?

私にはチンコがないからわからないが、出しきらないとそんなにも苦しいものなのか?

だが、まだセックスは……。

……わかった、いいだろう。

セックスで貴様の苦しみが治まるというのであれば、協力してやる。

だが、一つだけ約束しろ。

私を……、「抱いた」などと絶対に吹聴するな。

そんな噂が出回れば、私は騎士として終わりだ。

その約束を守れるのであれば、……いいぞ。

おい、さっきからなんだ、この卑猥な音は?

貴様の我慢汁の音か?

……はあ? 私の膣の音?

そんな馬鹿な。

それではまるで、私が期待しているようではないか。

待って、やっぱりまだ、心の準備が……。

サラとして、恋人の道を生きる

恋人になるというのはそんなに軽々しいものだったのか!?

「結婚する」という意味じゃなかったのか!?

少なくとも私にとってはそういう意味だった!

夫婦になるものだと思っていたからこそ、体も許した。

見ろ、今の私を!

メイクも服装も、お前のためにかわいらしくしている。

どこからどう見ても女だ!

こうなったのはお前のせいなんだぞ!

心も体も人のことを散々女にしておいて、去っていくなんて許せない!

冗談言わないでくれ。

今さらもう、お前なしの人生なんてありえない。

たしかに最初は、決闘の約束を果たすために相手をしていた。

だが今は違う。

本気で……、心の底から、お前のことが好きになったんだ。

恋に傷む騎士の夜這いプレイ

寝ていても、刺激を加えれば大きくなるものなんだろうか?

とりあえず、手で……。

ふふ、眠っていても、反応自体はするようだな。

だんだんと大きくなってきた。

匂いも……、たしかに精液の香りだ。

寝たままでも、射精をするものなのだろうか。

よし、もう十分な大きさだな。

口でするか……、いや、胸がいいか。

前にしてやった時、ずいぶんと喜んでいたからな。

お前ならそう言ってくれると思っていた。

まずは、お前の好きなパイズリで気持ちを高めるといい。

出したくなったらいつでもいいぞ。

これはまだウォーミングアップに過ぎない。

だから、たとえ射精したとしても結婚の無理強いはしない……。

ふふ、ずいぶんとチンコを震わせているが?

我慢しているつもりか?

だったら、これでどうだ!

尖撃のサラマンダーはチ○コが欲しい

それで、どうしてほしい?

「四つん這い」?

どうしてもそれでなくては、だめか?

ほかの体位なら、いくらでも……。

わかった。

お前が、望むなら……。

……これで、いいか?

いや、何でもない。

……いや、隠し事はよくないな。

正直に言えば、この格好は私にとって……、いや、騎士にとって、屈辱的な格好だ。

敵国の捕虜になると、首輪を付けられ、この体制を取らされる。

だからこそ、こんな格好は取りたくはない。

だが、お前はこれで喜んでくれるんだろう?

だとしたら、かまわない。

私はお前に身も心も捧げる覚悟ができている。

来てくれ……、いや、欲しい。

私が欲しくて、たまらないんだ。

早く……、お前のその立派なチンコを……、ぶち込んでくれ……!

好きで好きでたまらない……。

相手がお前だからだ。

お前とならずっとしていたい……!

騎士道精神の名のもとに精子が欲しいサラ

挿れる前に、これだけは言わせてほしい。

私の考えは、お前と過ごす間に変わってしまった……。

お前のためなら、騎士の身分もいざとなれば捨てていいと思っている。

妻として家に入り、子を宿すことだって厭わない。

それだけの覚悟が、今の私には、ある。

これが、私の騎士道精神だ。

それを理解したうえで決めてほしい。

もしこれからの人生を、私とともに歩んでくれるのであれば……。

中に出して……。

こういうのが好きかと思ってがんばってみたけど、言い慣れてない言葉は難しい。

これからもっと(???)。

先にイっちゃった……。

こんなに近く……、だめ……。

匂いが強くて……。

あなたの匂いを嗅ぐと、身体のほてりが止まらなくなる……!

これでおしまいなわけない、まだあなたのこと満足させてないから……。

商品紹介

キャラクター

王宮女騎士の処女恋愛-嫌々ながらも彼女はあなたに恋をする [性為の戯れ]

ストーリー

王宮女騎士の処女恋愛-嫌々ながらも彼女はあなたに恋をする [性為の戯れ]

コンセプト

王宮女騎士の処女恋愛-嫌々ながらも彼女はあなたに恋をする [性為の戯れ]

トラックリスト

王宮女騎士の処女恋愛-嫌々ながらも彼女はあなたに恋をする [性為の戯れ]

トラック紹介

トラック1_コロッセオでの戦いにて(再生時間6:20)
王都一の腕を誇る女騎士サラを負かしたあなたは流浪の剣豪。
プライドが負けを許さないサラは、「負けたら貴様の恋人になってやる」という約束の下、再戦を挑んでくる。
しかし健闘虚しく敗北を喫したサラはあなたとのあいだにとある約束を立てているが…。

トラック2_カタブツ女騎士との交際開始(再生時間11:42)
サラとの勝負から3日後。
宿屋のあなたの部屋を尋ねてきたのは美しく着飾ったサラだった。
恋人らしくハグやキスでコミュニケーションを取ろうとするあなただが、
堅物のままなサラはスキンシップを避け、さらにはセックスすらも禁止と言い出し…。
(キス)

トラック3_女騎士、初めて尽くしの性体験(再生時間14:23)
呼べば律儀にあなたのもとへ来るサラ。
キスを仕掛けても動揺し、服を脱いでペニスを見せても、
なぜ勃起しているのかさえ理解できない健全が過ぎる女騎士。
このままでは進展しそうにない。
あなたは自慰を見せることに。
(オナニー鑑賞、キス、射精)

トラック4_ファーストフェラ(再生時間15:04)
恋人となったからにはあなたを満足させる──と、騎士道精神に従うサラ。
直前の手コキでペニスにも慣れ、いよいよ口でご奉仕することに。
フェラチオ初体験のサラに、あなたは男の喜ばせ方を教え込む。
(フェラチオ、ぶっかけ)

トラック5_最強女騎士、処女消失の日(再生時間13:50)
精液まみれになってしまったサラは服を乾かすためにバスタオル一枚に。
その艶美な姿にムラムラと来たあなたはサラをベッドに押し倒す。
恋人になる約束と自分のプライドを天秤にかけるサラ。
「私を抱いたなどと、絶対に口外するなよ」
カタブツすぎる彼女はついに〝初めて〟を捧げる覚悟を決めた。
(正常位、生挿入、ぶっかけ)

トラック6_サラとして、恋人の道を生きる(再生時間4:57)
初めて体を重ねてから数日後。
あなたとサラは出会いからは考えられない程に仲を深めた。
そんな時、あなたはあと数日で街を出ることを告げた。
それを聞いたサラの反応は…?

トラック7_恋に傷む騎士の夜這いプレイ(再生時間14:55)
その日の夜。
恋人の覚悟を決めたのにあなたが本気でなかったと解釈したサラは、
あなたをこの街に留めるために、
「私と交際を続ければ……こんなことだって毎日してやっても良いんだぞ」
と快感を与え続けて骨抜きにしようとする。
(パイズリフェラ、ごっくん)

トラック8_尖撃のサラマンダーはチ○コが欲しい(再生時間12:35)
一度の射精だけで満足するはずはないと分かっているサラ。
騎士にとっては屈辱的である四つん這いのポーズを取ってあなたを誘う。
ムラムラを隠せないあなたは当然、サラを後ろから激しく襲いかかった…!
(バック、生挿入、キス、ぶっかけ)

トラック9_騎士道精神の名のもとに精子が欲しいサラ(再生時間17:09)
女騎士として生涯を捧げてきたサラが、
あなたとの結婚、妊娠をしたいのだと告白する。
かつての男勝りな彼女はいま、目の前の大好きなあなたに夢中だった。

「あなたとの赤ちゃん、どうしても欲しい……っ」
(騎乗位、生挿入、耳舐め、おねだり、中出し)

◯スタッフ
制作:いぬみみ
サークル:性為の戯れ
シナリオ:ツヅル
声優:涼貴涼
イラスト:ふじ子

◯サウンドエフェクトや効果音
ディーブルスト 「色んな効果音集100」
C-LoveR
VoiceBloom  

【内容物】
mp3データ
wavデータ
SEなしデータ
イラスト2点
(ジャケット、一枚絵)

コメント

コメントする


目次