MENU

ASMR BL JK KU100 m OL S SM SP S男 あまあま おっぱい お仕置き お姉さん お尻 お風呂 ごっくん ご奉仕 ささやき アナル イチャイチャ オナサポ オナニー オナホ オホ声 カウントダウン キス クリ責め クンニ クール ドS バイノーラル パイズリ パンツ フェラ マッサージ ヤンデレ ラブラブ ローション 下着 中出し 乳首 乳首舐め 乳首責め 低音 先生 先輩 処女 口内射精 吐息 告白 喘ぎ声 囁き 執着 変態 奉仕 妊娠 嫉妬 孕ませ 学校 学生 寸止め 少女 年上 年下 幼馴染 座位 強制 彼女 後輩 恋人 恋愛 手コキ 手マン 拘束 日常 淫乱 淫語 添い寝 溺愛 潮吹き 無理やり 焦らし 甘々 甘やかし 生活 癒し 童貞 耳舐め 言葉責め 調教 連続絶頂

投稿者一覧

KAMIKAKUSHI -コトリバコ-

「このような雌の匂いを漂わせて。 もはや生娘の面影はどこにも見えないな」

──────────────────

祖父が亡くなってからというもの、貴方は父以外を味方だと思えなかった。
残された祖父の財産を巡って親類の関係は泥沼化し、命のやり取りさえ始まった。
そんな醜い争いの中で、相続権を持った父が交通事故で亡くなってしまう。

叔母の仕業だろうと確信はあるものの、証明する手はない。
貴方は藁にも縋る思いで、開けてはいけないと言われていた蔵に手をかけた。
中に入ると不思議な声が聞こえ、導かれるままに声のする方へと手を伸ばす。
すると、そこには小さな木箱があり、それを開くと──。

「驚くことはない。そなた、願いを持って余の封を解いたのだろう?」

声の主は、貴方の願いを叶えると言うが──。

──────────────────
 
【キャラクター】
■コトリバコ
コトリバコという呪いから生まれた存在。
長い年月の間、貴方の家の蔵の奥底に封印されていた。
冷徹で高慢だが、封印を解いた貴方を気に入っている。


■主人公(リスナー)
良家で育った箱入り娘。
祖父の死から相続争いに巻き込まれてしまった。
母は幼い頃に、父も相続争いの渦中で亡くなった。

犯人はどう考えても叔母なのだが、それを証明する手立てがない。
父の死後、その相続権が自分に降りてきて命の危機を感じている。
その危機を乗り切るために蔵を開け、木造りの小箱の封印を解いた。



***トラックリスト(約87分)SEなし版同梱***
01_魅入られた瞬間(01:57)
「余はこちらだ。ふふっ。まるで子供の遊びだな──」
父の仇を討てるならと、貴方は代々受け継がれてきた開かずの蔵に手をかける。
蔵の中へ入ると、貴方を導くように声が聞こえ──。


02_夢【キス・耳舐め】(17:45)
「その身を捧げよ。その度に、余がそなたの願いを叶えてやろう」
見つけた小箱を部屋に持ち帰り、貴方は眠りについた。
夢か現実かも曖昧な感覚の中で、蔵の中で貴方を導いた声が頭に響く。
声の主は『コトリバコ』と名乗り、願いを叶える対価として身を捧げよといい──。


03_代償【フェラチオ・セックス】(24:08)
「復讐のためなら、なんだってするのだろう? ならば喜べ。余はそなたの味方だ」
貴方がコトリバコの夢を見てすぐ、叔母の娘が亡くなった。
その葬儀から帰ると、薄ら笑いを浮かべたコトリバコが貴方に語りかける。
身を捧げよと、快楽を与えるための奉仕をしろと。
コトリバコの呪いの力は本物だと確信した貴方は、彼に自分の全てを差し出すと決心し──。


04_根絶やし【セックス・連続絶頂・2回戦】(28:38)
「終わった? 何を言う、まだ終わってなどいないだろう?」
叔母の娘の葬儀が終わったのも束の間、今度は叔母本人の訃報が貴方の耳に入った。
コトリバコの仕業であることは明白で、全て終わったのだと貴方の中に安堵が満ちる。
しかし、彼はまだ終わっていないと言う。
──そう。
貴方が願ったのは、『叔母の一族を根絶やしにして欲しい』ということ。
その一族の一員には、当然自分も入っているのだ。


05_余の供物【狂気・スパンキング・連続絶頂】(08:44)
──静かな部屋の片隅、残ったのは木造りの小箱だけ。


おまけ_フリートーク_片桐良一様(05:44)

──────────────────

・ダミーヘッドマイク(KU100)でのスタジオ収録となっております。
 是非、ヘッドフォンでお聞きください。

・SEありのトラックは、SEなしバージョンも同梱しております。

・本作品には一部ホラー要素が含まれます。
 苦手な方は、視聴をお控えください。

・音声やイラストの複製・二次配布・無断アップロード・配信サイトでの配信等、
 当方に許可なくコンテンツを利用することはご遠慮ください。

目次