MENU

投稿者一覧

【2022年12月29日】サーバー移転のお知らせ

【乃木悠星】同期調教、奴隷堕ち

同期調教、奴隷堕ち

目次

シナリオ

クロスフェードサンプル

うん。噂、聞いたんだけどさ。ほら、うん、営業の鈴木さんと付き合い始めたってやつ。あれってさ、本当?

ああうん、やっぱ何かの勘違いだよね。いやさ、同期のやつらは君から直接聞いたとか言ってたんだけど。え?うん。うん?ああ、ごめん。何?聞こえなかった。ちょっともう1回言って。

うーん。それさあ、嘘とか冗談だったりしないよね?ああうん。だよね。そっか。ほらさ、なんていうか、ただの噂だし、勘違いとかよくあるじゃん?

だからまあ、なるべく本人に確かめるまでは信じないようにしてたんだけどさあ。ああもう、本当はさ、他人と噂になってるのもむかつくんだよね。でもまあ、噂だけなら許してあげようかなって思ったのに。

ねえ。なんで?なんで俺のこと好きなくせに、他の男と付き合ってんの?うん?まさか気づかれてないって思ってた?

俺、そんな鈍くないよ。だってさ、いつも嬉しそうだったじゃん。俺が話しかけると顔を赤くしてたし。俺が好きって言ったとき、いつも目をウルウルさせて喜んでたしさ。

そういうとこさあ、可愛いよね。ねえ、俺がさ、なんで何回も告白してたかわかってる?そう。毎回断られても気にしてなかったのはなんでか。ほら君、わかりやすいじゃん。

だからさ、俺は君の気持ち知ってたし、君の一番が俺だってこともわかってたからなんだけど。

ねえ、いいの?そんなぼっとしてて。ネクタイで手、縛られちゃってるよ。うん。縛られてデスクに押し倒されて怖いよね。

でもさ、君が悪いんだよ。俺のこと好きなんだよね?なのに他の男と付き合ったりするから。俺はさ、君が素直になるまで待つつもりだったよ。ずっとね。でも、もうやめた。ブラウス、破ろう。

君かこのおまんこ美味しすぎ。指も入れるね。大丈夫大丈夫。このクリもいっぱい可愛がってあげる。クリ、勃起してきたね。

すごいな。どんどん溢れてくる。これなら指2本にしても。ええ、嫌なのもさあ、君のおまんこさ、ね?わかる?俺の指、美味しそうに食べちゃってるよ。

離したくないって締め付けてる。指3本にしても平気そう。ほら、足の力抜いて。体の力を抜きになって。ちゃんと慣らさないとさ。痛いのは嫌だろう。

いきたいなら言って。高倉くんの性奴隷にしてください。言って。そっか。言えないか。いかせてあげない。指もおしまい。

あーあ。君のおまんこ可哀想。こんなにヒクヒクして、いきたいって言ってるのにな。ほら、息かけられただけで、ビクンって震えた。ここ、いきたいよね。昨日みたいに、俺のちんぽ、入れられたいよね。

お腹いっぱいこすられて、奥までずぽずぽされたいよね。子宮の入り口、コンコンノックされるの、気持ちよかったな。

またおまんこ痙攣させて、いっちゃいたいよね。ほら、君の体は覚えてるよ。昨日の気持ちよさ。覚えてる。期待して震えてるね。

さっきから体熱くてたまんないでしょ?乳首も立ちっぱなし。クリも腫れっぱなしだね。ほら、おまんこもね?指3本でももう平気になってる。

同期調教、奴隷堕ち

商品紹介

同期調教、奴隷堕ち [white mist]
同期調教、奴隷堕ち [white mist]

誰もいないオフィスで高倉が解いたネクタイで縛られ、押し倒されてしまうあなた。

「なんで俺のこと好きなくせに、他の男と付き合ってんの?」

気持ちがバレているなんて思わなかった。

「君が悪いんだよ。俺のこと好きなのに、他の男と付き合ったりするから。俺はずっと、君が素直になるまで待つつもりだったよ。でも、もう止めた」

着ていたブラウスを破かれ恐怖に硬直するあなたに、高倉が笑いかける。

「他の男のことなんか考えちゃダメだよ。これからそんなこと考えられないくらい犯して、君が壊れるくらいめちゃくちゃにしてあげる。この身体、俺だけのものにしてあげるよ」

  〇 〇 〇

高倉にレイプされた翌日。
会社を休んでいたあなたの家に高倉が来る。

体調が悪いのかと心配してくれる高倉に、そういう優しいところが好きだとほだされそうになってしまう。
そんなあなたに高倉が以前と変わらずに微笑んだ。

「危機管理意識とかそういうの、大丈夫? レイプした男をあっさり家にあげるとか、警戒心なくて心配なんだけど」

動揺したあなたは高倉に押し倒されてしまう。

「君ってドMだったんだね。ほら、レイプされて中イキしちゃったし?」

抵抗すると高倉に「昨日の写真バラ撒かれたいの?」と脅され、何もできなくなった。
高倉の指で快感を高められ、翻弄されるあなた。
イきたいのに高倉はイかせてくれない。
身もだえするあなたに、高倉が楽しそうに笑う。

「『高倉くんの性奴隷にしてください。ご主人様のおちんぽでいっぱい気持ち良くしてください』って言えたら、いーっぱい気持ち良くしてあげるよ」

あなたは高倉から与えられる甘く容赦ない快感に逆らえない――

高倉 誠

同期調教、奴隷堕ち [white mist]

あなた

ずっと高倉のことを好きだったが、高倉の周りには美人が多くて自分では釣り合わない、付き合ってもすぐに捨てられると思い、好きだと言われても受け入れられなかった。
違う部署の人に告白され、これで高倉を忘れられるかもしれないと思い承諾してしまう。
高倉に無理やり襲われて恐怖心と気持ち良さに振り回される。
恥ずかしいことを言わされ、嫌なはずなのに感じてしまう自分に戸惑う。

同期調教、奴隷堕ち

コメント

コメントする

目次