MENU

投稿者一覧

【2022年12月29日】サーバー移転のお知らせ

【 彩和矢】吸血ホリック

吸血ホリック

目次

シナリオ

吸血ホリック試聴音源

誰?君、どうして。さっき帰ったはずじゃ。何で戻ってきたの。

忘れ物?じゃあそれ持ってすぐに…

駄目、それ以上、こないで。ごめん、

でも大丈夫だから。それ以上僕に近づかないで。お願い。

早くここから逃げて。

本当に大丈夫だから。もう帰った方が。

だから僕に近づいたら駄目だってば。

もう駄目って何度も言ったのに、こんな状態の僕に、人が近づいたらどうなるか。

ましてや君が…

ちょっとごめん。

すごくいい香り。甘くて美味しそう。ごめん。もう限界。本当にごめん。

動かないで。

急に血を吸われたりして怖いよね。ごめん、痛みはないからもう少しだけ。

君の首筋に牙を立てて肌を突き破って

こんなふうに人の血を吸わないと僕は生きられない。

これで僕の正体がわかったでしょ。

そう。君の言う通りだよ。僕は吸血鬼なんだ。でも、こんなことをするつもりはなかったのに急に発作が起きちゃった。

君の血すごく甘くて美味しいからもっと欲しくて、抑えられない。

体熱くなってきた?それおかしいことじゃないからね。

吸血鬼に血を吸われると気持ち良くなるんだよ。

急にこんなことして本当にごめん。でも今は僕に身を任せて。怖がらないで…って言ってもあれだよね。

でも、絶対に痛いことはしないから…ね。

耳気持ちいい?

君も反応してくれて…

美味しい

痛くないよね、気持ちいい?

よかった。

君の唇もすごく甘いね。

もうここ舐めたい。僕がもう我慢できないんだけど。

下着まで濡れちゃったね。

もう脱がすよ。腰を上げて。

ここも血と同じくらい甘くて美味しい。

たくさん舐めさせて。

すごく濡れてきてるよ。

もっと感じてほしいな。

舌動かすとすごい音。ほら。

この音聞いてると興奮する。

硬くなってるところ強くすると気持ちいい?もっと?

あ、ごめん。牙が当たっちゃった。

痛くなかった?

今の気持ちよかったんだ。本当に止まらなくなるってば。

そんなに背中そらして体もビクビクしてる。

いい声出てるね。

わざとって?そう思うの。

そんなつもりないけどもう無意識でしちゃってるのかも。

かわいい反応が見たいから。

待ってあげられない。ごめんね。

中からたくさん溢れてきてる。

かわいい。一つになりたい。

いい?

吸血ホリック

商品紹介

【吸血ホリックホリックとは】

全編ダミーヘッドマイク(KU100)×スタジオ収録
「実は僕、人間じゃないから……」――恋をした相手は純粋で孤独な吸血鬼だった

「だめだって何度も言ったのに……こんな状態の僕に人が近づいたらどうなるか。ましてや君が……」
「君の首筋に牙を立てて、肌を突き破って……こんな風に人の血を吸わないと僕は生きられない」
「吸血衝動があんなに高まったのは相手が君だから……僕が君に好意を持ってるからだったんだ――僕みたいな化け物がこんなこと伝えても迷惑だよね」

吸血鬼である自分に負い目を感じ人と関わることに臆病になっている彼
種族の違いを超えた先に待っているのは悲恋か、それとも……

※吸血シーンが多々あるので、苦手な方はご注意ください

【あらすじ】

あらすじ】
 隣町で雰囲気のいいカフェを見つけた貴女。「いらっしゃいませ」とカウンターの中から声をかけてくれたのは物腰の柔らかい男の人、カフェのオーナーで店長の佑真。彼が淹れてくれたコーヒーの美味しさの虜になった貴女は頼み込み、そのカフェで働かせてもらうことになった。
 バリスタ見習いの貴女に優しく指導してくれる佑真、気がつけば彼に恋をしていた。誰にでも人当たりがよく優しい彼、でもなぜか他人との間に一線を引いて奥へ踏み込ませない雰囲気があり、たまに見せる憂いを帯びた様子が気になっていた。
 ある日の仕事終わり、家に着くというところでカギを忘れたことに気がつき閉店後のカフェへ戻ると苦しんでいる佑真を見つける。「近寄らないで!」と聞いたことがない鋭い声で言われるけれど、放っておけずに足元のおぼつかない彼を支えると、いつもとは明らかに様子が違い……。

【キャラクター】

<瀬戸 佑真 (せと ゆうま)>  CV:彩和矢
年齢:27歳(実年齢???歳)  職業:カフェのオーナー兼店長
身長:177cm  体重:62kg
カフェの店長として人間と変わらない暮らしをしているけれど、実は数百年生きている吸血鬼。
人の血を飲まないと生きられない自分に負い目を感じていて、正体を悟られないように他人とは一定の距離をとった付き合い方をしている。

<主人公>  CV:なし
バリスタ見習い。働いているカフェの店長である佑真のことが好き。

【トラックリスト】

  • トラック1 僕に近づかないで/収録内容:導入、吸血6:45
  • トラック2 君の血すごく甘くて美味しい/収録内容:吸血、耳舐め、胸攻め、キス、手マン19:56
  • トラック3 君の全部を奪いたい/収録内容:キス、吸血、クンニ、挿入19:10
  • トラック4 誰でもいいわけじゃなかった/収録内容:会話6:41
  • トラック5 君と会うのは今日で最後/収録内容:会話、キス、耳舐め10:41
  • トラック6 君の奥まで舐めたい/収録内容:キス、肌舐め、吸血、胸攻め、クンニ、耳舐め23:45
  • トラック7 これからもよろしくね/収録内容:挿入、キス、耳舐め、吸血、ピロートーク21:10
  • ※追加済み※【200DL 特典】トラック8 僕はきっと、いつか君のことを……/収録内容:耳舐め、キス10:02
  • ※追加済み※【400DL 特典】トラック9 僕と一生を共にして/収録内容:キス、吸血、挿入20:22
  • ※追加済み※【500DL 特典】トラック10 キャストコメント/CV:彩和矢さんのフリートーク
  • ※追加済み※【600DL 特典】寝息ボイス

【特典トラックについて】

※追加済み※【200DL 特典】
トラック8 僕はきっと、いつか君のことを……
 収録内容:耳舐め、キス
「吸血鬼にとって恋人って特別なんだ」
 本編トラック7の後日談、佑真のことをもっと知りたいと吸血鬼のことを尋ねる貴女に、彼は吸血鬼の孤独について話してくれて……。

※追加済み※【400DL 特典】
トラック9 僕と一生を共にして
 収録内容:キス、吸血、挿入
「そろそろこの街を離れようと思ってるんだ」
 特典ドラマ1(トラック8)の続き、二人が恋人になり数年後。佑真が街を離れる時が近づいているようで、二人はある決断を下す。

※追加済み※【500DL 特典】
トラック10 キャストコメント
 CV:彩和矢さんのフリートーク

※追加済み※【600DL 特典】
寝息ボイス
 佑真が隣で眠っているような寝息を感じることができます

吸血ホリック

コメント

コメントする

目次